シベリウス金魚草とエルマーのぼうけん

ピアノの先生に誘われ、春にフルート教室と合同の
サロンコンサートに参加することになりました
なんだか優雅!
選曲は、シベリウス 草花の組曲 op.85 No4 「金魚草」です。
シベリウスは北欧の作曲家で
繊細でメロディアスな曲をたくさん書いています。
リズムが少し難しくて、目下練習中ですが
この金魚草、とっても綺麗な曲です。上手に弾けたらいいな。

op.85-4金魚草を聴いてみる

さて、この「金魚草」みなさまご存知でしょうか。
英名 snapdragon(スナップドラゴン)、日本名の通り
花が金魚に似てるからだそうです。
c0074153_2337153.jpg


小さいころよく読んでいた「エルマーのぼうけん」という童話
完結編第3巻「エルマーと16ぴきのりゅう」に
「きんぎょ草」が出てきます。
c0074153_23382254.jpg

悪者に捕らわれた友達のドラゴンを
エルマーが助けに行くのですが
ドラゴンの隠れ家の入り口に大きな大きな金魚草が生えていていて
その影にドラゴンが隠れているという描写があります。

読み終わった後、母に
「ねぇねぇ、きんぎょ草ってどんな花なの?」
と聞いたのですが、母は
「うーん・・・ストックの花に似てるような、なんというか・・・
と唸り、説明が難しそうだったのを覚えています。

その後、中学生だったか高校生だったか
近くのホームセンターで金魚草が売られているのを発見し、
憧れの「金魚草」を初めて見た私は感動のあまり
即!購入してしまいました。
結局枯らしてしまったのですが、妙に印象に残っている金魚草。
懐かしい金魚草。
久しぶりの再会ですが、良い演奏が出来るように頑張ります。
[PR]
by olstyle | 2009-01-26 23:26 | OLのピアノ
<< いつ樹@羽村 クレジットカードの整理 >>