おこめの神様

新米の季節になりました。
実家からピカピカの新米5キロをもらい(強奪?)
ウキウキの毎日です。

デジカメからモルディブの写真データを出すのが大変なため
ちと旅行記は一休み。
(まだろくにかいてないのにすみません)

さてさて、モルディブから帰ってきて一番に食べたかったもの
それは白いお米!

あちらのお米はタイ米、サラサラの香り米なのです。
サラサラのお米はカレーに合うし
あれはあれで美味しいですが

やっぱり噛めば噛むほど美味しい
日本の炊き立てのお米が食べたくなります。

旅行に発つ寸前、お米を炊いていたら
炊飯器からすごいニオイが発生!
とうとうボロ炊飯器が壊れたか!?と
びっくりして蓋を開け、生煮えのお米を取り出したのですが
お米には影響がなさそう。

みなさま、大抵そうだと思いますが
お米、ご飯を捨てる…破棄することにものすごい抵抗があります。
しかし生煮えのお米をリゾットにする時間もなく
泣く泣くゴミ箱へ。
罰当たりな。
(今思えば、ざるにあけて冷凍しておけばよかった!)

もちろん野菜もお肉も、たとえ賞味期限が切れていても
できるだけ食べようと思いますし
冷凍したり、火を通したり頑張ってみます。
それでも冷蔵庫に入っているものが腐ってしまったら
まだ、しょうがないと諦めがつきます。

しかしお米は!
三角コーナーに捨ててあるお米を見て涙がでてきました。
本当に申し訳ないことをしました。
昔はお金に等しかったお米。DNAに組み込まれています。
日本人にとってお米は特別なんですね。

新米、大事にいただきます。
お米の神様、本当にごめんなさい。
[PR]
by olstyle | 2009-11-02 00:50 | OLの独り言
<< 萬古焼の土鍋 モルディブ フィリティヨ アイ... >>