浅田真央

浅田選手、世界選手権優勝おめでとう!
c0074153_140581.jpg

今日の世界選手権でフィギュア、09-10シーズンが終了しました。
シーズン最後に最高の演技を見ることが出来ました!

c0074153_3465274.jpg


本当はバンクーバ直後に書きたかったのですが
どうも思いが強すぎて胸がいっぱいで書く気になれず。

今回のバンクーバ五輪は4年前から楽しみにしてました。
トリノの荒川静香の演技も大好きでした。
(たしかこのこと書いたな… ブログ続いててびっくり)

ちなみに、新採点方式の仕組みとかジャンプの種類とかプロトコルとか
詳しく見だしたのは浅田選手が現れてからです。
彼女の演技、清廉さ、真っ向勝負のアスリート魂は
日本人の好み?にぴったりなのか、大人気ですよね。
私も大好きです。
毎シーズン、彼女の試合結果に一喜一憂していて
冷静でいられません。

五輪、キス&クライで下を向いて顔を覆っていたシーンと
演技直後のインタビュー。
彼女が涙で絶句して何も喋れなくなってしまったとき
とても見ていられませんでした。

完璧な演技をすれば金メダルがとれると信じてたんでしょう。
どんなに不利な状況にあっても。
私もそう思って(願って)ました。

度重なるルール改正と体型の変化、
スランプを超えて初出場の五輪で銀を獲得できたのは
浅田選手とタラソワコーチだからできたことだと多います。
(普通だったら台落ちでしょ!)

キム・ヨナ選手の演技は金に相応しい素晴らしい演技でした。
(それでもFP150点超えには言葉がありませんでしたが)

FPの「鐘」については「暗い」とか「選曲ミス」とか色々言われてましたが
浅田選手の弱点
(ルッツ、サルコウが苦手、セカンドジャンプが回転不足を取られる
ヨナほどジャンプの前後がなめらかでなく加点がつきにくい等々)
を補うことができて、
なおかつキム・ヨナ選手と差別化してジャッジにアピールし勝つためには
鐘と100発100中の3A計3回の選択しかなかった。
(このあたりの演技構成の話はフィギュア大好きな方々の
有名ブログにたくさんありますのでそちらを。)

浅田選手には4年後のソチへ向けて怪我に気をつけて
弱点を克服して完璧な五輪女王になってもらいたいです。
弱点矯正中は、過去の安藤選手みたく
勝てないシーズンもあるかと思いますが
ずっと応援していきます。

歴史に残るような演技をリアルタイム
で観れたことを嬉しく思います。
どんな映画やドラマよりも、感動するオリンピック、全日本選手権でした。

----

五輪表彰式の憂いを帯びた表情、ぞっとするほど美しかった。
c0074153_1431338.jpg

[PR]
by olstyle | 2010-03-28 01:43 | OLの視線
<< Mr.Children アルバ... 本マスとEDINET他 >>