樅の木のクリスマスツリー

小さい頃から本物のモミのクリスマスツリーに憧れていました。
外国のお話でみる雪深い季節のクリスマスツリーに憧れたものです。

我が家の小さい庭ではもみの木を植えると間違いなく家が壊れてしまうので、夢を叶えるため頑張って鉢植えで育てることにしました。
調べてみると日本産のもみの木と言われるものはウラジロモミとホンモミ。
海外のモミもおしゃれで素敵なのですが、やっぱり日本なら日本のものが気候にあっているかなぁと成長がホンモミよりは遅いらしいウラジロモミに決定。
そもそも高地に自生しているので、関東でも夏越はあやしいのですが…

IKEAで毎年販売する生もみの木も素敵ですが、毎年木を切り倒して飾って捨てるのが少し可哀想で。
なので室内は毎年フェイクツリーです。
なんだかんだ管理も楽だしね。
ウラジロモミはできるだけ小さいものをAmazonで注文しました。
大きいと高いし、小さいものを育てた方が愛着もわきます。

もみの木まで買えあっという間に届くネット社会。すごい世の中になったものだわ。
c0074153_08304018.jpg

面倒くさがりの私は、鉢植えがあまり得意でないのですが、風通しの良いところに置いて大事に育てます。
うまく夏越できてクリスマスを迎えられたら、玄関ポーチ(外)に飾りたい!


[PR]
by olstyle | 2016-06-17 08:21 | OLのガーデニング
<< 駐車場スリット、レンガチップひき 洗濯機新調 >>