犯罪被害者その後

先日のブログにて、自転車の盗難にあい
放置され、引き取りに行く旨をご報告したと思います。
持って行かれた当時は、ピカピカのオレンジ色の自転車でした。

保管期間を過ぎてしまい、母親がしぶしぶ引き取りに行ってくれました。
引換え料はちゃんと渡しましたよ!

しかし保管場所で母が見た自転車は、まるで鉄屑のような水色の自転車。
そんな馬鹿な。
いくらなんでも色まで変わるはずない。

ただ単に、ピカピカ(だった)オレンジ自転車ではなかったのです。

それは学生のころ、7000円くらいで購入したボロ自転車。
乗ってすぐにどんどんボロくなり、挙句盗難にあいました。
これ幸いと新しいものを購入すると、また同じように放置自転車として
帰ってきたのです。
たしか2回くらいはそれを繰り返したはず。
戻ってきたボロ自転車は、父が愛用していました。
実は我が家は、そのように私が乗り捨てた(盗難にあう→新規購入)
自転車が散乱しています。

自転車を前に、呆然とする母。
「これですか?引き取りに来るんじゃなかった・・・」
と口走ると、職員の方(シルバー人材センターのおじいちゃん)が
「あと1,2年は乗れるよ・・・」
と哀れそうに言い、ベルを変えてくれたそう。

たしか前回、私が引き取りに行ったときは、あまりの酷さに
その辺りの自転車のサドルと交換してくれた・・・。

まるでふぇえにっくすのように復活して戻ってくるボロ自転車。
スピードを出すと、チェーンが外れます。
c0074153_23352417.jpg


私のピカピカの自転車はどこぞで元気に暮らしているだろうか。
[PR]
by olstyle | 2006-01-15 23:41 | OLの独り言
<< ルーズソックス ゴールデン街 >>