通勤電車のなかで

c0074153_0553172.jpg長かったです。
トルストイ「アンナ・カレーニナ」読み終えました。

超有名作、特に感想を記したりはいたしませんが
人生、、生活・愛・仕事・生・死・友情・宗教etc
すべてが詰め込まれていました。
これだけ入って、完成されている作品
傑作といわれるのもわかります。

アンナ・カレーニナの中のロシアの農村、農業関連の描写で
民話「イワンのばか」を久しぶりに思い出しました。
同じロシアが舞台だからかな?と思ってしまったのですが
あとがきを読んでいて知りました、、
著者がこちらもトルストイだったのですね。

「イワンのばか」とても懐かしい。
小さいころ大好きなお話でした。
我が家を探せばどこからか出てくるかな。
[PR]
by olstyle | 2006-03-09 00:29 | OLの独り言
<< 秘書とは 気がつけば >>