戦闘服事情

先日のおしゃれ着手洗いの話

最近の女性物のお洋服はひどい。
デザイン重視で、確かにとても可愛いと思います。
ひらひら、ふわふわ、テロテロ、光沢素材が多く
レーヨン、シルクにキュプラ、ウールなど
しっかりとドライマークがついていて
洗濯機でガンガン回せないものばかりなのです。

その市場を見越して、花王の「ホームクリーニングエマール
などがでており、大体のお洋服は自宅で手洗いできるように
なっているのだけれど。
これまた手間がかかる!
柔軟剤使ったり、少し糊付けしてみたり

お洋服1枚、相当な値段がするのに
使われているのは弱い素材で、クリーニング代も余計にかかったりします。

最近は選ぶときに、素材をチェックして
特にレーヨン100%などはなるべく買わないようにしています。
この素材、本当に本当に水に弱くて
雨に濡れただけで着れなくなってしまったりする。
でも女の子に人気のジルあたりは、レーヨン多用。

コットンは大体が普通に洗濯できるのですが(ブラウスなど)
アイロンが必要になるんですよね・・・
このアイロンも油断すると酷い目に。
オンワードの一張羅のブラウス、ぼーっとアイロンかけていたら
温度設定が「高」に!
一瞬でじゅうぅぅぅぅぅと溶けてしまいました。
   ⇒即ゴミ箱 3日立ち直れず
それ以来アイロンの温度設定指定タグも必ずチェックしますが
なんでこんなに面倒なんだろう。

普通に洗濯できて、丈夫で、デザインが素敵なブランドがあったら
多少高価でも人気出ると思うのだけれど
どこか作ってくれないでしょうか。

水洗いできないお洋服は、着物とドレスとカシミヤのコート
それだけでいいのが理想です。
[PR]
by olstyle | 2006-04-26 03:03 | OLの独り言
<< ご紹介 安息日 >>