難しい漢字

今週になって少し仕事が落ち着いてきました。
暮れまで落ち着いているといいのですが。
師走は本当に慌しい。

この時期、ボスに続々とお歳暮が来るので
いただいた方にお礼状を出します。
手紙本文はwordで作って、ばーっと刷りだしてしまうのですが
宛名の部分は印刷の仕方がわからないので
せっせと筆ペンで書いています。

そこで思う、書きにくい漢字と書きやすい漢字
どんなしょぼいペンで書いても、びしっと決まる字と
どんなに丁寧に書いても、上手く書けない字。
会社は虎ノ門にあるのですが
「港区虎ノ門」"港"、"区"、"虎"の字のバランスが難しい。
あと「渋谷区」の"渋"も嫌い。
すごく単純な漢字でも、美しく書くのが大変な字がたくさんあります。
ちなみに私の名前、「加奈子」も上手に書けません。

反対に書きやすいのが「鎌」
小学校?中学校かな、「鎌倉」とノートに綺麗に書けて以来
お気に入りの漢字です。

人の字の癖によって感じ方は違うのでしょうが
久しぶりに字を書くと
「あ、この漢字気持ちよい!」
というちょっとした感動が楽しかったりします。

そういえば1年で一番字を書く年賀状の季節、、
そろそろ準備しないとダメですね。
[PR]
by olstyle | 2007-12-18 00:27 | OLの独り言
<< 年忘れ LEON >>