目黒 ラーメンゼロ

ランチでらーめんへ。
目黒「ラーメンゼロ」
会社から腹ペコ状態で結構歩きました。
たどり着いたときの喜びもひとしお。

ここは魚介だしメインで添加物を一切使わないという
ラーメン業界?では結構な有名店らしい。

同僚にラーメン好きがいると
新ラーメン情報が頻繁に入り、とても助かります。

ベーシックなメニュー“ラーメンゼロ”
c0074153_20385683.jpg


ひとくち食べて、「ん?薄い?」と思うのですが
魚介類の旨みが後から後から来て、どんどん満足なお味に。

こってりしたラーメンは、ひとくち目が最高に美味しくって
どんどん濃く感じていくパターンだと思うのですが
このラーメンはまったく逆。
最後の一滴まで飲みたくなりました。

あ、あとね。
とても麺が美味しいんです!
こしがあって味わい深くて!この麺は本当に最高。
近くにお寄りの際は是非ご賞味下さい。

お店は席がゆったりしていて居心地がよく
女性客も多かったです。

*ラーメンゼロ*
東京都目黒区下目黒 3-4-6
電話番号:03-3793-0018
[PR]
# by olstyle | 2010-03-07 20:43 | OLのランチ

おまけ

結局ふらりとよったヘレナでマスカラを購入。

ちょうど切れていたクレンジングを一緒に買ったら
サービス期間中で鏡とミニ口紅をいただきました。
c0074153_22291123.jpg


こういうのってなんだか嬉しいです。
新しい化粧品のわくわく感と
おまけがついてくるわくわく感。

もう春なのに外は寒いけれど
ささやかな幸せで心がぽかぽかします。
[PR]
# by olstyle | 2010-03-07 20:10 | OLの美容

パンダ目

最近の悩み・・・

わたしは「コンタクト入れられるの?」ってたまに言われるくらい
細い目をしています。

一重まぶたの女性が持つ悩み・・・「パンダ目」

細い目を少しでも大きく見せようとアイラインを入れたり
マスカラをつけたりするのですが
目の上と下がぴったりくっつくためか、
どうしても時間がたつと、お化粧が落ちて目の下が黒くなります。

評判を聞き聞き、なるべく落ちない化粧品を探しているのですが
どれも一長一短なんですね。
あまり化粧品に対する情熱はなかったのですが
歳をとってますますお化粧が落ちるようになってきたので
ネットで口コミをチェック。

アイライナーで評判がよかったのは
「エレガンス パーフェクトアイライナー」
c0074153_2085891.jpg

早速デパートで購入。
使ったみると、ラインも引きやすいし、夜になっても落ちない!
侮れない口コミ。
パッケージもキラキラだし、豪華な気分になります。

次はマスカラを探してます。
アイラインは落ちなくなったのですが
そうすると私が思っていた以上に
マスカラがパンダ目を作っていたことに気がつく。

人気のあるマスカラ、ランコム、ヘレナ、ディオール、マツキヨコスメ、クリニーク
途方もない数のマスカラが出てますが
自分に合う“とびっきり”のアイテムに
最短で辿り着けるよう頑張ります。
[PR]
# by olstyle | 2010-03-06 20:00 | OLの美容

カツカレーとオトコとオンナ

週末のメニューはカレー。
我が家はの生活費は給料日前、
実家の家庭菜園製じゃがいもとたまねぎは台所にに転がっていたので
カレーにしようと決定。

冷蔵庫には冷凍のフライがあったから
「フライでも揚げようかなぁ
とつぶやいたら、彼が
「じゃあ折角なら一緒に豚カツ揚げてよ。かつカレーにしたい♪
と言い出した。

えっ!豚カツ!?
豚カツを作るには、イチから豚肉を買ってきて
小麦粉つけて卵つけてパン粉つけて、とやらなくちゃいけない。
元々買い物には行く予定だったので、買い物の手間自体はないのだけど。

カレーと豚カツを同時に作るのはひどく贅沢で
同日に料理して食するのは、時間とかお金とか
あらゆる面で無駄だと思うので断固反対した。
何より豚カツは立派にメインのおかずになる。

カツカレーが食べたいなら、お惣菜でカツ1枚買ってくるよと説得。
「え?買うとかえって割高じゃない?
と彼。

違うのよ、豚カツを作る工数とか小麦粉とか卵とか。
それに例えば

日:カレー
月:豚カツ
火:ハンバーグ

という3日分のメニュー構成が可能なのに

日:カツカレー
月:ハンバーグ

になって1日分損してしまう!

しかしこの主張はうまく伝えることができなかった。
オトコの料理とオンナの料理の考えの違いかしら。

・・・いや多分、彼はとてもカツカレーが好きなんだろう。
給料日前という障害があったため、
最上級の贅沢に感じてしまうカレー+豚カツという望みを
私はどうしても叶えることができなかった。
ごめん。

結局彼は豚カツを揚げることを諦めてくれたのですが
お惣菜で150円の串カツを買って帰りました。

カレーは美味しく出来ました。
玄米ごはんとカレーって良いコンビですね。
c0074153_23215219.jpg

[PR]
# by olstyle | 2010-02-09 23:21 | OLの独り言

牡蠣お取り寄せと牡蠣による食中毒

わたしは自他ともに認める牡蠣好き、
たとえ牡蠣で命を落としたとしても
それはそれで本望ってもんです。

クニヒロの牡蠣イカダ共同オーナー制度、4年ぶりに申し込みました。
前回の記事を覚えていらっしゃる方は相当なOLSTYLEマニアです。
広島のクニヒロ、牡蠣イカダ共同オーナー制度についてはこちらをご覧ください。

さて、今回は約100コの殻つき牡蠣が送られてくる「ゴールドコース」
さすがに相方さんと2人では消費しきれません。
それも彼は痛風気味のため、プリン体だらけの牡蠣はほどほどにしておかねば。

そこで日ごろ仲良くさせていただいている3夫婦を招き、
牡蠣パーティーをすることに。

お客さまをお招きするときのテーブルコーディネートって難しい。
お花を飾るくらいしか思いつきません。
世の奥様方のブログを見ると、レストランですか!?ってくらい
素敵なコーディネート。
これは修行あるのみかしら。
c0074153_21423760.jpg


さてさて、クール宅急便で届いた牡蠣。
どっさり。
c0074153_21421399.jpg


やはり生牡蠣でしょう。
付属の牡蠣ナイフを使い、殻をこじ開け身を外す。
c0074153_2221511.jpg


塩水でよく洗って再セット。
オイスターバーの牡蠣が古く感じるくらい新鮮で美味しい!
c0074153_2142537.jpg


牡蠣フライを作ったりしながら
c0074153_2234452.jpg


全員が牡蠣を堪能できました。
人数が多いと、殻開けに時間がかかるのが課題でした。
次は剥き身で頼もうかな。

さて、これだけ牡蠣を食べても食べても
私は30年近く当たったりすることはなく
「牡蠣で当たるって都市伝説じゃない!?
くらいに思っていましたが
牡蠣パーティーをしても残った牡蠣30個。

翌日の夕食で生牡蠣をつまみ食いしながら、牡蠣パスタ。
「俺はちょっとでいいよ・・・
と彼が言うので、ほとんど私が片付ける牡蠣。

するとその12時間後、翌日の午前中
仕事中になんだか胸のむかつき。
時間を追うごとに酷くなる悪心。
お昼くらいにはたっていられなくなり、滝のような嘔吐嘔吐、嘔吐。
仕事を片付けて命からがら早退しました。

もちろん牡蠣による食中毒、
その後発熱と下痢、
翌日もお休みをいただき、
ベッドサイドにスポーツドリンクを置き
24時間死んだように寝込みました。
いやほんと、死ぬかと思った!

牡蠣の食中毒ってつらいですね。
もう2度と食べない!って思いましたが
喉元過ぎれば・・・ってやつで
またすぐに食べてしまうんでしょう。
それほどまでに牡蠣って美味しいんです。

さて、いやってほど堪能した牡蠣のおとりよせ
なんと実家にももう一度送る手はずになっているのですが
今年はもうあまり食べないように頑張ります。
[PR]
# by olstyle | 2010-02-07 21:43 | OLのグルメ

房総旅行記

房総半島南端、館山に行ってきました。
館山まで行くと海がとても綺麗でした。
c0074153_2322146.jpg

何故館山かというと、会社が属している健保組合の
保養所が偶然取れたのです!
IT系の若い人たちばかり所属しているからか
この健保組合は保養所がかなりお値打ち。
上記の海が見えるオーシャンビューの部屋で
2食付き、被保険者は5,000円。使わない手はありません。

お食事は懐石料理、冬の時期は鍋コースにもできます。
別料金でお刺身盛り合わせ。
目の前の館山湾や近海で取れたお刺身たち。
新鮮でぷりぷり。
c0074153_23175181.jpg


朝ごはんも山のように出てきました。
食べきれません。。
c0074153_2318128.jpg


朝食についてくる烏骨鶏の卵。
c0074153_23181369.jpg


房総半島、私は物心ついてから来た記憶がないのですが
帰り際、有名な「マザー牧場」に寄ってみることにしました。
入場料大人1500円。
でも牧場内のバスもアトラクションも有料。。。そんなぁ。

風は強いし、1月でまだお花摘みも早かったし
イチゴ狩りも時間外で終わってたし、なんだか微妙・・・!?

・・・ですが気を取り直してランチ。
ラムのメンチとカキフライのセット。
c0074153_23182387.jpg

期待してなかったのですが(失礼)ラム、美味しい!
ご飯は全体的に美味しかったです。自家製ソーセージも美味でした。

その後寒さに震えながら、濃厚なソフトクリームを食べて帰路につきました。
牧場はハイシーズン(春~秋)がいいみたい。
勉強になりました。
房総はアクアラインを使うと本当に早いですね。
緑が濃くなったらまた寄ってみます。

*おまけ*
寒さに身を寄せ合うヤギさん
c0074153_2318312.jpg

[PR]
# by olstyle | 2010-01-25 23:18 | OLの休日

掛け布団カバー新調

新生活を始めたときに購入したニトリのベッドカバー
ペラペラでなんだか早々に伸びきってきたので
「おしゃれな部屋にはベッドカバーが重要!
「ペラペラで寝づらい!
と一週間ほど彼を説得し、ベッドカバー新調する許可をとりつけました。

デパートをぶらぶら。
ちょうどセール時期なので、何もかも安くなってました。
インテリア関係も結構びっくりするくらい安くなるんですね。

我が家のベッドはクイーンとダブルの間の
「ワイドダブル」というやつなのですが
結構ワイドダブルのベッドが流通している割に
お店ではダブルサイズのカバーやシーツがほとんど。
ニトリのシーツもワイドダブルはほとんど売り切れだったし
もう少し流通させてくれればいいのにな。

ちなみにダブルサイズは幅140×長さ200
ワイドダブルは幅が14センチ長い、幅154×長さ200が主流なようです。
長さはたとえクイーンになっても変わらないんですね。

ワイドダブルのシーツはおとり寄せとのことだったので
もっとじっくり迷うことにして
ベッドカバーとピローケースのみ、
伊勢丹の「コムサ Home」で購入しました。
c0074153_23225519.jpg

かなり安売りしていたのでラッキーでした。
次はベッドカバーに合うシーツ(ワイドダブル限定!)を探さなければ。
何色が合うかなぁ。。
[PR]
# by olstyle | 2010-01-17 23:23 | OLの独り言

君に届け

c0074153_238286.jpg

最近、色々なところで「癒される!」
って感想を聞いていた漫画。
妹が大人買いで全巻揃えていて
「これは久しぶりにヒットだよ」
というので読んでみた。

いやー、もう30歳に手が届きそうだっていうのに
胸がきゅんきゅんします。
純愛すぎる。

こういう漫画が大ヒットするなんて、
皆、疲れてるんだなぁって思いました。
漫画の中まで駆け引きとか騙しあいとか
見たくないからかしら!

癒されて胸きゅんしたい方、おすすめです。
アニメ化されていて、火曜深夜で放映されているみたいです。
実写映画化もされるらしい!
しかし誰が演じれるんだ、あんな超絶王子様。
[PR]
# by olstyle | 2010-01-17 23:11 | OLの視線

手作りのバター

漫画「美味しんぼ」で栗田ゆう子が作っていたバター
手作りのバターを30分以内に食べると
究極の味がするらしい。
とっても美味しそうで、どんな味なんだろう・・・と
想像を膨らませていました。

どうやら巷の噂によると
結構簡単に出来るらしいので、思い切って挑戦。

ネットにレシピはたくさん落ちてますが
脂肪分40%以上の無添加生クリームを準備。
3割引とか半額になっているやつが狙い目だそうです。

・ひたすら攪拌
→泡だて器で冷やしながら攪拌か、楽チンにフードプロセッサー、
または口の広い瓶に入れて10分~20分振る!
しかし、生クリームのパックに入れたまま振るのが一番楽らしい。

・黄色くなる
→もうちょっとなので、ボールにあけてへらで練る

・脂肪分と水分(バターミルク)が分離
 こんな感じに水分を出します。このバターミルクはお料理に使えるらしい。
c0074153_2331457.jpg


・お好みで塩を加えて完成!
c0074153_23371073.jpg


バケットにつけていただきました。
たしかに究極に美味しい!
すぐに酸化してしまうので、早めに食べなければいけないのですが。
余ったらラップにぴっちり包んで冷凍庫へ。

バター作りは理科の実験みたいで楽しかったです。
簡単に味わえる究極の料理、是非おためし下さい。
[PR]
# by olstyle | 2009-12-28 23:31 | OLのグルメ

魅惑の食器たち

以前はお洋服とかブランドとか
アクセサリーとかバックとか靴とか
毎日見ていても欲しいものが次から次に出てきましたが
最近、まったく興味を抱かなくなってしまいました。

反対にむくむくと興味が沸いてきたものが
食器。

元々食器にあまりこだわりがなかったのですが
結婚祝いでたくさんの揃いの食器をいただき
「なんて使いやすいんだろう!
「なんて手抜き料理でもおしゃれに見えるんだろう!
と多数の感動があり、眺めるのが楽しくなってしまいました。

特にお祝いでいただいて印象深かったのが
フィンランドの食器「iittala(イッタラ)」
大変失礼ながら、いただいた当初は
「けったいな柄だし、なんだか変わった形だな・・・
とか思っていたのですが、
c0074153_1434592.jpg

(こういうの・・・)

実際に使ってみると
使いやすく料理が美味しそうに見えるし
すっかり気に入ってしまいました。

大皿やボールタイプのものなどいただいたのですが
小さいお皿も欲しくなり、インターネット(安い!)で注文。
iittala/Teema(ティーマ)
c0074153_1144033.jpg

イッタラの中ではシンプルなラインナップなのですが
色々な色があるので集めるのが楽しそうです。

あとはティーカップがあれば当分は食器は不足しない!!
とかなりの間ネットで物色していたのですが
デパートのワゴンセールで
ノリタケの食器がものすごく安くなっていました。

「クリスマスプレゼントは!?
とワゴンの前から動かなくなったら
相方さんがプレゼントしてくれました。
c0074153_1145270.jpg


もう正規販売では廃盤になってしまったようですが
日本に自生しているシダがデザインされた
「グラン・ヴェール」シリーズです。

ノリタケは野菜とか花とか
植物のデザインが多いですね。素敵。

しばらくは食器への情熱が続きそうですが
既に狭い食器棚に入りきらなくなり
ちょっと呆れられているような気がするので、我慢します。
[PR]
# by olstyle | 2009-12-28 01:14 | OLの視線