オイスターバーに関する考察

夏は私の筆頭大好物である牡蠣が
あまり食べられません。
寂しい思いをしていたら
友人が品川アトレの有名なオイスターバーに行ってきた!とのこと。

すっかり羨ましくなり
私も真似してオイスターバーに繰り出しました。
お店はリンクス(Links)、五反田にあります。

東京でのオイスターバー1号店
「TOKYO OYSTER BAR」の支店だそうです。

とりあえず生牡蠣。やっぱり生牡蠣。
c0074153_2343774.jpg

生牡蠣を食べるための
美味しそうなソース、薬味がたくさん準備してあるのに
産地毎に違う味が隠れてしまうので
牡蠣好きとしてはもったいなくて使えません。

しかしオイスターバーってなんでやっているけるんでしょうか。
私のまわりの人たち、牡蠣好きも多いけど
牡蠣食べられない、そこまで好きじゃないっていう人も
同じくらいいる気がするのですが。

ホタテバーとかマグロバーとかないですよね。
他に1つの食材に特化したお店って
あまり聞いたことないけど
牡蠣に関しては、メニューがほとんど牡蠣の
「オイスターバー」が業態として成立しちゃうくらいだし
好きな人は中毒みたいになってしまうのでしょうか。

牡蠣好きの魂を掴んで離さない麻薬、牡蠣。

c0074153_00941.jpg

この日は〆にカキフライ。
1つにたくさんの牡蠣が入っていて
びっくりしました。
[PR]
by olstyle | 2008-05-24 23:48 | OLのグルメ
<< バレエ発表会 たまには映画のことなんかも >>